goのバージョンを変更する(gvmなしで)

2018-08-12 #go 

gvmを入れていない場合にgoのバージョンを変更する方法をまとめておく。

環境

macOS High Sierra

$ go version
go version go1.10.3 darwin/amd64

既存のgoを削除する

ドキュメントに従ってgoをインストールしてあるディレクトリを削除する。 Macの場合は大抵 /usr/local/go とのこと。

# sudoが必要だった
$ sudo rm -rf /usr/local/go/

また、ドキュメントにはないが/usr/local/bin/goの削除も必要だった。

$ which go
/usr/local/bin/go
$ rm -rf /usr/local/bin/go
$ go version
-bash: /usr/local/bin/go: No such file or directory

※今回新しくインストールした後確認すると別のディレクトリになっていたので前回の入れ方が悪かったのかもしれない(覚えてない)。

$ which go
/usr/local/go/bin/go

goをインストールする

ドキュメントに従って欲しいバージョンをインストールする。

tar -C /usr/local -xzf go$VERSION.$OS-$ARCH.tar.gz

go$VERSION.$OS-$ARCH.tar.gzのところはダウンロードページの表記を当てはめればok。
今回はv1.11beta3を入れる。

# tar.gzをダウンロードしたディレクトリで実行
$ sudo tar -C /usr/local -xzf go1.11beta3.darwin-amd64.tar.gz

気取らずにインストーラ(.pkgファイル)を取ってきて実行でもいいかもしれない。